TOP  > 代表ご挨拶

代表ご挨拶


医療法人仁厚会は昭和18年に前身の近藤内科医院を開設して以来、50年間厚木の地域医療の一翼を担ってきたという自負を持ち、常に"地域社会への貢献"を理念としてきました。今日の高齢化社会においては、誰もが自分らしい生活の場を必要としており、地域社会の中に可能な限りの選択肢を用意する事が課題となります。
介護老人保健施設ぬるみずは、病院と家庭の中間施設として医療、看護、介護、リハビリを通して家庭復帰を目指す地域医療福祉サービスの施設です。


2000年の介護保険制度の導入によって、これまで家庭の介護を一人でやってこられた介護する人、介護される人も、少しずつ肩の荷がおろしていける時代になりました。私たちは入所者の方々が安心して快適に毎日をお過ごしいただけるような環境を整えてお待ちしております。また、地域との信頼関係を構築して、これまでご家族や入所される方が抱えてきた苦悩の受け皿としての役割が果たせるように、地域に根を下ろした施設となって支援していきたいと心がけております。私たちのキーワードは、"笑顔・清潔"です。